古銭を買い取ってもらう前に状態をチェック

コレクションなどで集められた古銭や、自宅で見つかった古銭を買い取ってもらう時、査定に影響が出るのが汚れの有無です。あまりにも汚れがひどいと査定額に差が出てしまいますので、買取に出す前には乾いた布で軽く拭きとる程度のクリーニングを行うと良いでしょう。と言うのも、古銭には様々な種類があり、原料もそれぞれ異なります。きれいにしたいがために、洗剤などを使用してクリーニングをすると変色する恐れがある古銭も存在するため、査定に影響を与えないためにはそのまま買取に出す方が良い場合があるのです。風合いを好むコレクターもいますので、ホコリなどの最低限の汚れを落として査定をしてもらいましょう。そのためにも、保管している間は酸化しないように、専用の入れ物に入れ、日光が当たらない場所で保管をしてください。また、普段のお金を同じ感覚で素手で古銭を触ると、皮脂などの汚れが付いてしまいますので、取り扱う時は手袋を使用することをお勧めします。